至上終末旅行〜your life is your own~

アニソン考察と対訳。聖地巡礼。響け!ユーフォニアム。吹奏楽。

ジョジョの奇妙な冒険 第5部(黄金の風)が掲げるテーマとフーゴが消えた理由

 

f:id:shijyo:20200420115840j:image

第5部『黄金の風』はじめに

 最近やや落ち着いて、…というか、もめ事を起こしても疲れるだけだから、とりあえず従っておくかって風に定着して来たかな?という感じがする。少年漫画内の作画的表現に対する「自主規制」であるがー(「自主規制」とは、例えば、差別用語だとか差別的絵画表現⦅人種の皮膚の色の書き方⦆だとか、暴力シーンとか弱者や動物に対する虐待シーンだとか、実際の犯罪に似ているシーンだとか、不道徳的なシーン⦅裸体とか喫煙とか飲酒など⦆を編集部が自主的にマズいと思うかな?と判断して、作家に描くのをやめてもらうか、もしくは誰にも文句を言われないように表現を弱くしてもらう事)。-この第5部「黄金の風」を執筆期間のこの荒木飛呂彦の心の中では、実はこの問題について「大嵐」が吹き荒れていました。

 これから書くことは初めに断っておきますが、編集部に対する批判だとか、「自主規制」に対する意見だとかそういう事ではなく、荒木飛呂彦そういうことを感じながら『黄金の風』を執筆していたっていう事実です。

 第5部『黄金の風』になって、ぼくは以前の『ジョジョ』よりも、もっと人間の深い悲しみだとか、この世に生まれてくることの悲しさだとか言ったものをテーマに描きたくなって来ました。

 人間は生まれてくる環境によって最初から幸せな人もいるし、もし最悪な状況の場所に生まれてきたらそういう人は、いったいどうすればいいのだろう?

 第5部『黄金の風』の登場人物たちはみな、理由があって社会から外にはじき出され、そこでしか生きていけない状況におかれてしまっています。しかし、そこは完全に弱肉強食の世界で、「悪」によって包囲されていたとしたら、彼らはその場所で「正義」を貫けるのだろうか?

 そういうテーマで「善」と「悪」の対決を描こうとすると、リアリティある「悪」の表現に対し、あの少年漫画の「自主規制」の「権力」っていうのか、「暴力」っていうのかが、突然作品を攻撃してきます。「悪」っていうのは、タバコも吸うし、弱者に対し容赦ないし、セクハラするし、ナイフで人刺すし、首はねるし、女だって男だって犯すし、目玉くり抜くし、脳ミソ食べたりするし、差別してなくても「悪」いヤツだから差別してるっていわれるし。「悪」や「人間の闇」の部分の表現には、酷い部分とか残酷な部分の表現がギリギリまでというのが不可欠になってしまいます。とにかく、今までの自分の執筆活動ではあまりなかった事なのだが、この第5部『黄金の風』に突入した途端(1996年頃)、突然編集部から「そのページ直せ」「あそこのセリフを変更しろ」「絵を修正しろ」という注文がものスゴく多くなったのだ。具体的に細かく作品のこのページのこの部分って示したいが、際限ないのでここでは省略するけど。しかもなぜダメなのかだのの説明があまりなく、中には納得いく理由 があまりハッキリしていないのに、「とにかく規則みたいなものだから、〆切も近いし、そういう最近の出版状況なの。さっさと直してよ。あとは自分で考えてね」的態度で指導があるのだ。もう一度断っておくけど、編集部に対する批判ではいっさいなく、編集部が、高圧的でいいかげんな態度をとっていた、とかそういうのでもいっさいなく、(実際、編集者にはいつも感謝している)当時、荒木飛呂彦は『黄金の風』を描いている時「そう感じた」という個人的感想に過ぎない事を述べているだけですからね。

 そしてぼくは当時、『黄金の風』のテーマ性を表現するのに大きな危機を感じ、表現の自由に限界の壁が設けられたのではないか?とか、漫画としての芸術的な発展がもうないのでは?とか、「権力」とか「利益追求」の思想が芸術の芽を抜き取ろうとしているのでは?とか、とても思い悩んだ。現在も確実な答えがないまま、少し落ち着いた状態ではあるが、当時のぼくの気持ちが、当然ながら主人公たちのキャラクターとか行動にも思い入れとして表れている。

「ジョルノ」と「ブチャラティ」という主人公たちが、自分たちが所属していた「組織」を「正義の心」のために裏切る所である。

「組織」は「権力」と「恩義」の象徴で、自分たちを育ててくれた「故郷」。しかし、主人公たちは「正義」の下で生きるために、そこに闘いを挑むことを決意します。そのシーンには作者であるぼくが、描いていながら、ぼく自身がとても勇気づけられました。主人公たちの気持ちを考えると、今でも涙が出てきます。

 彼らは「権力」の庇護の下に生きていれば、安全に楽に過ごせたかもしれません。でも主人公たちは、危険でも「正義」を選択したのです。「正義の中」にこそ自分たちの存在価値を信じて。

 第5部『黄金の風』はカッコいいイタリア的ファッションや、より独特となったスタンド戦の中にサスペンスが描かれていますが、作者としての思い入れとしては、とても暗い作品だと位置づけしています。暗い作品ではありますが、とても重厚になったとも、ひそかに誇りに思う作品でもあります。

 他のパート同様、楽しんで読んでいただければ光栄に思います。『第5部終わり』のあとがきでは、「カットせざるを得なかった部分」について書きたいと思います。

 

f:id:shijyo:20200420115856j:image

 第5部『黄金の風』あとがき

 第3部『スターダスト クルセイダーズ』での主人公、空条承太郎は、彼のおじいさんのそのまたひいおじいさんのーつまり6代も前(ジョナサンのお父さん)のー因縁を承(うけお)って闘いの旅に出ました。この場合、敵、ディオ・ブランドーは「運命」だとか「宿命」の象徴であったという事になります。

 普通、6代も前の先祖なんて、どんな性格の人だったかわかる人なんていません。

 承太郎から見ればその先祖が良いことをした人なのか、間違ったことをしたのかもわからないわけです。その因縁が承太郎の身の上にふりそそいで来ました。しかし彼はその血統を「誇り」に立ち向かいました。

 この第5部『黄金の風』を描く時にぼくは考えました。では「生まれてきたこと自体が悲しい」場合、その人物はどうすればいいのだろうか?人は生まれる場所を選べません。幸せな家庭に生まれる人もいるし、最初からヒドイ境遇に生まれる人もいます。

 で、もし「運命」とか「宿命」とかが、神様だとか、この大宇宙の星々が運行するように、法則だとかですでに決定されているものだとしたら、その人はいったいどうすればいいのだろうか?そのテーマがこの第5部『黄金の風』の設定であり、登場する主人公や敵たちです。

ジョルノ、ブチャラティフーゴナランチャアバッキオ、ミスタ。彼らは始めっから、社会とか家庭からつまはじきにされて育ちました。育たざるを得ないという言い方が正しいと思います。ボスの娘、トリッシュもそうだと思います。

 彼らは「運命」「宿命」に立ち向かい、それを変えていく事なんてできるのだろうか?

 そのことをずっと考えながらこの第5部を描きました。執筆した時期とか状況もあって、とても苦しく暗い気分になりました。どうしよう?「運命」とか「宿命」とかが、そんなに簡単に人間の努力とか根性とかで変えられたら、そんなの最初から「運命」なんて言わないと思うし、軽々しすぎる。そう思いました。

 じゃ主人公たちは、どうやって脱出すればいいんだ?

 その答えをぼくにくれたは誰であろう、主人公たちでした。主人公たちは「運命」や「宿命」を変えようとはせず、彼らのおかれた状況の中で「正しい心」を捨てないことを選んだのです。正義の心の中にこそ「幸福」があると彼らは信じて。自然にそうなったのです。

(作者であるぼくは)登場人物たちに逆に教わることが執筆中出てきて、本当に勇気づけられました。そういう意味で思い返すと、第5部の登場人物は作者にとって愛着があるという感じよりはなにか、ぼくが仲間にしてもらったかのような錯覚を覚えます。

 そして、その事をふまえた上での執筆の裏話をしましょう。

 この第5部『黄金の風』では、どうしてもカットせざるを得ない部分があってーというよりも、どうしても描く事ができないエピソードがありました。

 それは、ミスタ、ナランチャフーゴアバッキオの4人の中の誰かが、実はボスのスパイで、ジョルノとブチャラティを「裏切る」という設定でした。感覚の中ではたぶん、フーゴが「裏切り者」なんだろうなと思って描こうとしたら、これがどーしても描く事が出来ませんでした。

 あの時の暗い気分がますます暗い話になっていきそうだし、実際「嫌ー」な気持ちがぼくの心の中に芽ばえてきて、しかもブチャラティとかの気持ちを考えると、本当に気の毒で、気の毒で。信頼していた仲間が裏切るなんて、ぼくの概念にはなくて、生理的に嫌な気分になりました。「作者としての勇気が足りないぞー」と叱られればそれまでなのですが、本当、絶対描くのは嫌だ!と思ってしまったのです。しかもケジメをつけるために、たぶんジョルノがフーゴの処刑に行くようなエピソードになったでしょうね。絶対に少年少女読者をヤバい気分にさせると思い込んでしまったのです。

 そういう理由で、ヴェネツィア大運河のサン・ジョルジョ・マッジョーレの船着き場での、別れのシーンです。フーゴに消えてもらったのです(のちに※小説版『黄金の風』では、作家さんとの打ち合わせで、フーゴは組織の中で陰ながらみんなを助ける、という裏話を書いてもらいました)。

 最後に登場人物たちに作者からひとこと言わせてください。

「本当にありがとう。君たちは、苦しく辛い時に吹いてくれる『黄金の風』なのだ」と。

                                 荒木飛呂彦

※ジャンプJブックス「ジョジョの奇妙な冒険Ⅱ」集英社