至上終末旅行〜your life is your own

your life is your life own.人生と戦う全てのオタクに捧ぐブログです。内容は専ら2次元です。たまに旅に出ます。

Journey of Sound! Euphonium Ⅰ 2019/11/30

 

 

<もくじ>

 

 

 

まえがき

Shijyoです。

 

 

今だから響け!ユーフォニアム聖地巡礼の旅」では当時京都に住んでいたこともあり一週間にわたり旅に出かけた模様を書きましたが、

Journey of Sound! Euphonium、(響け!ユーフォニアム紀行)では不定期にこれから行くことになるであろう旅の紀行文を書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

JEUGIA 三条本店

 

 写真フォルダを眺めていると

「うちこんなところいたんか」

という事が最近増えてきたのですが(老い)

この日はMOVIX京都に「誓い」の再上映を見に来ていたようです。

f:id:shijyo:20200208161708j:image

前回JEUGIA 三条本店へ伺ったときはリニューアルか何かで3F APEX管楽器コーナーが締め切られていたこともあり、今日こそは観に行こうということで入店。

f:id:shijyo:20200208161827j:image

くみこぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

 

3F 管楽器コーナー到着。

友人に急かされたので、写真は撮れずに眺めるだけに終わる。

 

まじまじと楽器を観れる機会というものはないのでありがたいです。楽器って観ているだけでなんか満ち足ります。

………これは一種のエロスなのかも。女の子たちが吹奏楽に傾倒する理由のひとつかもしれません。

なんかねぇ男性器を彷彿とさせるんですよ楽器が放つ輝きって

私はこの日怪しげな色気を感じたのでした。

 

 

 

 

 

 

というのは私の曲解でしょうけど、楽器を恋人のように扱う気持ちはわかりますよ。名前つけたりして。私もギターをやっていたので。

 

 

京都精華学園高等学校

f:id:shijyo:20200208161856j:image

私の推しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校野球で、「花巻東応援してるんですぅ」とか言ってる分には結構なのですが、吹奏楽になった途端に急に変態性が増すのは何故なんでしょう。

この日は友人と京都を周っていたのですが、精華まで連れてきて

「ここうちの推しの高校やねん」

とかいったらドン引きしてました。

「変態やろ」とか言われました。

 

 

f:id:shijyo:20200208161947j:image
f:id:shijyo:20200208161950j:image

学校専属のバスあるのカッコいいです。都会です。ハイソです。

 

音楽室(かどうか話わからないが)から聞こえてくる練習の音に耳を澄ます。

Shijyo「……………ふ(微笑)」僅かの時間立ち止まり、そして再び踏み出した変態の姿がそこに在りました。

友「………おい」

これっぽっちも吹奏楽ファンではない友人が(さー)とか効果音立てながらヒイテマシタ。

それを観てワタシはげらげら笑いました。

「私は吹奏楽を知っている。音楽の喜びを知っている」という優越感でしょうか。

 

去年の吹コン以来、河原町あたりまで出かけるとわざわざ精華学園の前まできて

上記の一連の動作をとる私です。そうです変態紳士です。

 

 

ロームシアター京都

f:id:shijyo:20200208162035j:image

「精華まで来たらここも来んとあかんやろ」とか「誓い今から見るというのにローム行かんのはおかしい」とか説き伏せてPM5:30。上映ギリギリまで粘る。(ちな上映開始は7:00)

友人もユーフォは見ていたのですが「もういい加減映画館行こうや」とかうんざりしながら言われたので、自分の溺愛ぶりはやはりすごいなと改めて思います。

 

 f:id:shijyo:20200208162059j:image

 

f:id:shijyo:20200208162141j:image

人だかりができていたので覗きに行きました。

f:id:shijyo:20200208162157j:image

路上ライブならぬシアター前ライブ。

完全に松山千春が歌っているもんだと思って観ていたのに(結構声が似ていた)

誰やねん。

 

ロームシアター京都って結構地域密着型の会館なんですか。

私の中では神聖視しているのですが。

 

次のユーフォ定期演奏会いつだろう。あぁ…行きたい。

 

 

MOVIX京都

 

f:id:shijyo:20200208163249j:image

昨年は一年間にわたり京都アニメーション特集上映と題して(という形態で)、義援金も組んでくださいました。

MOVIX京都、もはや聖地。

 

11/23にリズと青い鳥

f:id:shijyo:20200208170748j:image

11/30に誓いのフィナーレ

f:id:shijyo:20200208171917p:image
f:id:shijyo:20200208162321p:image

 

を観ました。

一番みたい二作を観ることができてよかったです。

f:id:shijyo:20200208162832j:image

予約画面が驚異の速さで塗り潰されていったのはよい想ひ出。

超満員のシアターの中、上演されました。

 

誓いの感想は

https://shijyojourney.hatenablog.jp/entry/Sound%2521_Euphonium/Chikai_no_finale/thounghts

こちらに書きました。観るたびに新しい感想が生まれる誓いは最高。

 

リズの感想も書こうと試みたのですが、むしろ観る前から書くつもりだったのですが、

NOZOMIですよ。

リズの希美はNOZOMIでした。私の知ってる希美じゃあありませんでした。

監督が違うからNOZOMIになってしまったのでしょうか。

映画は素晴らしい内容でしたが、私の中に生まれたワダカマリが消化不良だったので感想がまとまりそうになかったので、ボツに。

 

f:id:shijyo:20200208170759j:image

f:id:shijyo:20200208162506j:image

夜はとんかつ豚ゴリラで(名前が気に入った)と思ったのですが、受付で「ご飯の残量が残りわずかですぅ」と言われたので、新種の丼もの屋で済ませました。

(も)とにかく白米を食べておきたい人間です。

かよちんlovin'。