至上終末旅行〜your life is your own~

アニソン考察と対訳。聖地巡礼。響け!ユーフォニアム。吹奏楽。

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン 愛する人へ送る、最後の手紙 感想【人間愛】

shijyojourney.hatenablog.jp

 

f:id:shijyo:20201001153302j:image

 

 ◦回想にアンちゃんのくだりが出てきてもう泣く。

 

京アニの映像が変わらずにスクリーンにあって泣く。

 

◦紫のスミレの花言葉愛、貞節

それぞれのキャラクターは花に因んだ名前で、それぞれに花言葉の意味も込められているそうですね。

  

◦前作で花道という言葉が出てきましたが、エリカさんは無事に自分の花道へ進めたようで良かったデス。

花道という言葉でさえも、キャラの名前(花名)に因んでいて脚本に隙が見当たりません。

いや、本当に一片の隙も見当たらない。

 

◦「叶わない願いはどうすればいいのか」、そんな思いに京アニを我々は重ねてしまうのですが、思い続ければこうして再び会えました。ヴァイオレットと少佐のように。

こじつけて泣く。

 

◦ヴァイオレットちゃんのテニスシーンを想像して悶える。

 

◦ヴァイオレットちゃんのうなじが美しすぎて泣く。

 

◦「生きている限り忘れることはできません」

ヴァイオレットちゃんが一つの答えを導いてくれました。泣く。

いい加減京アニに重ねて泣くなって。

 

◦将来の家族計画について夢見る社長で笑う。

 

 ◦戦争の無慈悲さの前に、この世界の無常を想って泣く。

少佐は戦争の傷跡に囚われたままでいました。もう一度泣く。

 

◦社長がおじさん認定されてて笑う。

もう一度家族計画夢見てて笑う。

 

◦「ETの頃の浪川さん」を天才だった頃の浪川さんとか言ってる奴がいて笑う。

 

 

 

 

 ◦ヴァイオレットの旅は終わりを告げました。

愛の意味を探す旅路の果てに、自分の求める愛へたどり着いた、それが彼女の花道だったのではないでしょうか。

 それぞれ道が違えど、VEGの登場人物たちは、自分の花道へ進むことができたと思います。

そして、友愛、親愛、恋愛、家族愛

人間愛は形を変えて呼び方を変えて、

人が人である限り人は人を(能動的に)愛し続ける。

それは不変で普遍なのではないかと信じたくなりました。

 

恋愛において運命が叫ばれて久しいですが、それは神話に等しい。

本作の二人でさえ運命の二文字で互いの関係性を認識している様には私には感じられません。

外部入力的に与えられた「運命」という関係性はともすれば非常に脆い。

産まれた時に決まる家族、これは運命といってもいいでしょう。しかし自分でつかみ取ったものでない以上、それは安易に離脱が出来る。(心理的には)

決定論的に関係性が決まるという考えは宗教色さえ感じます。

ふと振り返った時にそう思うくらいでちょうどいい。

シリーズを通して仕事、友愛(家族愛)、恋愛が描かれてきましたが(総括して人間愛と呼んでも良いと私は思う)

本作では、特に勇気を以て他人と向き合う事の重要性を強く感じさせられました。

 

近年嫌われる勇気がベストセラーになりましたが、ある種アドラーが挙げた三つの人生の課題を極めて高純度に物語化したもの、それを京都アニメーションが芸術にしたものがヴァイオレット・エヴァーガーデンだったと言えなくも…いやこじつけでしょうね。

 

 

あとがき

 

最高傑作

感傷的な思いを抜きにしたとしても、心からそう思います。

僭越ながらもこれ以上の物はこれからも出会えないだろうという気持ちにすらさせられた作品でした。