至上終末旅行〜your life is your own~

アニソン考察と対訳。聖地巡礼。響け!ユーフォニアム。吹奏楽。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝ー永遠と自動手記人形ー 感想「全ての働く人へ送る手紙ーメッセージ」

f:id:shijyo:20190924120946j:image

 

 

 

目次

 

 

 

 

まえがき

 

2019/9/13(金)

9.6-9.26 3週間限定上映 ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝ー永遠と自動手記人形ーを観ました。

f:id:shijyo:20191012121256j:image

 

 

 

後日、好評につき3週間→5週間に延長が発表されました。

わたしも三週間では短すぎると鑑賞後、若干キレかかっていたので(何に?)喜ばしい限りです。

 

 

 

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝ー永遠と自動手記人形ー 感想「ダイジ、ダイジ」

 

 

◦「ごきげんようごきげんよう」の女学校で笑う。

 

 

 

◦僕っ娘はこの時代(?)にも存在したんですね。

 

f:id:shijyo:20191012122319j:image

◦ごめんなさい。ヴァイオレットちゃんの入浴シーンで前かがみになってしまいました。

抑えきれませんでした。獣ーけだものですみませんでした。

 

◦チョロくないですか?ヴァイオレットちゃん。

「友達同士なら普通だよ~」って言えば色々受け入れてくれる気がする。

「これも友達同士ですか?」

「うんそうだよ?」

そういうとイザベラはヴァイオレットの寝衣に手をかけた。

「おっ、お待ちくださいイザベラ様。着替えくらい自分でー(自主規制)

 

京都アニメーション史上最も純真無垢なヒロイン。ヴァイオレット=エヴァーガーデン

 

 

 

お風呂。添い寝。看病。

家庭教師(オプション付き)のオプション多すぎ!

私のうちにも家庭教師(※オプション付き)お願いします。

 私のうちにも家庭教師(※オプション付き)お願いします。

 

 

f:id:shijyo:20191012122537j:image

◦女の子同士で髪の毛百合あう…もとい結いあうのが好きすぎてつらいのですが、

 ツインテみたいになったヴァイオレットちゃんを待ち受けにしたい。

 

 

   

◦似た境遇に生まれ落ちた二人の対比という構図になってますよね。

二人とも愛する人との離別があった後、今の職についているわけなのですが、ひとりは充実、もうひとりは「もういやこんな会社辞めてやる!」(現代的に言うと)

になっていますがこの差はどこから生まれるのか?

 

 →ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝ー全ての働く人へ送る手紙ーメッセージ

サブタイを入れたくなってきた…

結局「やるかやらないか」だと思いますけどね、「逃げず」に。

そうして得た経験からはいろいろと学びがあると思います。

 

 

。でも彼女、正直乗り気じゃないと思いますよ淑女。だって僕っ娘だもん。

「テイラー」の事があるとはいえ。

ここまで自分の背中を押してくれたヴァイオレットの友情に応えるためって想いが一番強いのかなぁ。

ヴァイオレットちゃんの愛に触れて変わることができたんだと思います。

 

 

 

◦「エイミー」の過去もなかなかのものです。

貴族の妾の子として生まれて、母親に捨てられて、あのおっさんに育てられたんでしょうけど

そこで、テイラーをひろう…

f:id:shijyo:20191012154245j:image

僕の人生は何もない」って言ってましたけど…

ない→飢えている。

つまり愛情だったのでしょうね。

本来母から子へ当然与えられるはずの愛がエイミーにはなかった。

心理学では、幼児的欲求は満たされない限り消えないといいます。

エイミーは大人に近づいてもずっと心の中は空洞だったと思います。

そんなエイミーだったからこそ幼き日の自分にテイラーを重ねたのでしょう。

「本当はこの子も不幸になるはずなんだ」

不幸にさせないために、自分の持てる愛を精一杯注ぐこと。

それが彼女が言っていた、(自分の運命への)復讐という意味なのでしょう。

また、そうすることでエイミー自身も救われていたんでしょうね。こうあってほしかったという過去に、今を重ねて。

 

 →テイラーとの二人暮らしは傍から見れば飢えにしか映らないでしょうが、エイミー自身は満たされていた……

何もない僕の人生」の中で見つけた唯一、確かなものが、テイラーへの気持ち。すなわち愛だったと思います。

 

 

 ◦ヴァイオレットちゃん曰く「自分と境遇が少し似ている」

孤児で捨てられ、「少年兵として育てられ、あっちの戦場へこっちの戦場へ群雄割拠した挙句、両腕吹っ飛ばされる」というこちらも文章にしてみると壮絶極まりないPTSD発症してもおかしくない過去でも、生きてこられたのは愛があったから

という意味で「似ている」という言葉が出てきたんでしょうね、孤児がどうこうではなく。

まぁ自分の少佐への気持ちが愛だと気付くのに1クールも時間がかかってますけど。

   

 

 f:id:shijyo:20191012153947j:image

◦悠木さんの「うんぎゃー」みたいな演技どうなってんですか?

年齢一けた台の声帯?天才?

 

 

 

◦心の不安を救い上げ、人と人との思いを繋ぐードールの鑑ですね。

一期の初めの頃とは格段に成長していると思うのですが、ヴァイオレットちゃんの純真さというポテンシャルあっての成長なんだろうなぁ…

 

我が家にも来てくれないかなぁ。

切実に私もヴァイオレットちゃんに優しくされたい…

 

  

◦郵便配達人になるのが夢。果たして口から出任せかどうか。

f:id:shijyo:20191012154141j:image

あの日のにいにが希望を届けてくれた天使に見えたのかもしれません。

 

 

 

◦「毎日同じことの繰り返し。つまんねー仕事だ。」

 「なんかじゃないよ?郵便配達人が運ぶのは幸せだから

 あんな無邪気な笑顔で言われるとさぁ、救われるよなぁ?配送業のにいにい達。

 

◦ヴァイオレットちゃんにとっての花道

 これは2020年公開(予定)の方で掘り下げてくれるんじゃないですかね。

 

  

◦丁寧に繊細に想いを描く。美しいな。めまいが…

これこそが京アニ作品のの集大成と言えるでしょう。

  ベネディクト「同じじゃねーか」

あぁ…この一言に込められた儚さよ。

    「そのうち俺以外の奴がくるかもしれねーけど(ぽりぽり)」

ベネディクトおしゃれなこというなしwぽりぽりじゃねーしw

  

  

 

あとがき

映画館でシアターに入る時、前の上映時間の人達とすれ違うじゃないですか。

もうね目赤い人だらけなんですよ。愛すべきウサギ達ですよ。

京アニファンという括りの人達じゃないかと思うのですが。

 

「事件と京アニ」を想って、ワンシーンワンシーンを目に焼き付けるようにして鑑賞していたのですが、あまりそういうスタンスで作品を味わうのは良くないと思って途中からは切り替えました。純粋に作品として楽しもうと。

どういう受け止め方をしたかは感想にダラダラと書きました。

 

⚪︎映画だからといって何か特別変わるってことも無かったんじゃないでしょうか。

ヴァイオレットちゃんが家庭教師始めたくらいで。

あくまで、あの美しい画と愛と優しさが変わらず存在しました。

TV放映版が尋常ではないクオリティーだった事の裏返しかと思いますが。

 

⚪︎こじつけるのは嫌いなんですが、作品世界の関係性が自らとダブって仕方がなく感じます。

大切なものを亡くした我々に。

この時期に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が制作された事はいったい何の思し召しかと想うんですよね。

 

…………………………って完全に信者のこじつけですね。すみません。

 

 

 

⚪︎「エイミー」の後に予告流れるのは涙腺に来ました。f:id:shijyo:20190924110728j:image

 

来年に向けてハンケチ買っておきます。

では。