至上終末旅行〜your life is your own

your life is your life own.人生と戦う全てのオタクに捧ぐブログです。内容は専ら2次元です。たまに旅に出ます。

今だから響け!ユーフォニアム 聖地巡礼の旅Ⅲ【木幡~三室戸/サイゼリア里尻店】2019/09/26 (Thu)

 

 

どうも、Shijyoです。

 

今だから響け!ユーフォニアム 聖地巡礼の旅Ⅰ

 https://shijyojourney.hatenablog.jp/entry/Sound%2521_Euphonium/a_sacred_place/jorney

今だから響け!ユーフォニアム 聖地巡礼の旅Ⅱ

https://shijyojourney.hatenablog.jp/entry/Sound%2521_Euphonum/sacred_place/jorney_2

はこちらから。

 

 

もくじ♪

 

 

 

京阪六地蔵駅

AM07:30出発地点はここなのです。いきなり宇治駅とか行かないように。



f:id:shijyo:20191206004027j:image

f:id:shijyo:20191205172010j:image

 

 

 

 

 

 

 

京都アニメーション 第二スタジオ

f:id:shijyo:20191205172358j:image

木幡駅から程なくの所。JR木幡駅の目と鼻の先。

f:id:shijyo:20191205172531j:image

 

早朝、シャッターの降りた京都アニメーション本社永遠と自動式人形

一分くらい立ち尽くして、「…へぇ」とか言いました。

 

f:id:shijyo:20191205172604j:image

kyoani shop

f:id:shijyo:20191205172646j:image

Ⅱでも寄ってみていたのですが、休業日でした。

というより休業中だったのでした。

再び「へぇ…」とか言いながらその場を後にしたのでした。

 

 

マクドナルド宇治木幡店

 

 

f:id:shijyo:20191206005442j:image

f:id:shijyo:20191205172911j:image

Ⅱの帰り際寄ってみたのですが、

夕方、中学生達でごった返していたので、眺めるだけに終わったのでした。

 

 

 

 

AM8:00。朝マック

奇跡的に大分空いてました。いや、奇跡というほどでもないですか。会社へ行く人も長居はしないでしょうし、学生は学校帰りに来るでしょう。

消去法で朝、腰を据えてるのは、私のような異端の者だけということになります

って誰が異端の者だ!!

  

ユーフォファンならあの席がいい子の席がいいとかたぶんあると思うので、巡礼者の皆さんは平日の朝とかに行ってみるのも悪くないのかなとか思います。

 

f:id:shijyo:20191205173022j:image

ということで、


f:id:shijyo:20191206004914j:image

f:id:shijyo:20191205173049j:image

この席。

夏紀先輩スキなんです。ホントに心から。

Ⅱで来たときはこの席埋まっていたので僥倖です。
f:id:shijyo:20191206005127j:image

f:id:shijyo:20191205173143j:image

マックシェイク(ストロベリー)が一点。

フィレオフィッシュ が一点。

f:id:shijyo:20191205173358j:image

どんな組み合わせなんだよぉぉぉ!!

 

f:id:shijyo:20191206005601j:image

f:id:shijyo:20191205173437j:image

ふと、思ったことですが、アニメ本編では種類の違いを出すためにマックシェイクの外装が違うじゃあありませんか。この写真では何シェイクだかわからないというものです。いや、分かりますか。ギリで。ストロベリーなんですが。

 

 

 

f:id:shijyo:20191206005311j:image

f:id:shijyo:20191205173720j:image

店内での写真は控えるべきなんでしょうけど、空いてる時間帯なのでご容赦願います。

 

f:id:shijyo:20191205173801j:image

数年ぶりのマック、

マックシェイク、ふつーに美味でした。 

 

 

f:id:shijyo:20191205173838j:image

 

木幡から黄檗への道すがら撮影。

こういう地域を感じさせる何かが私はスキです。

 

 

 

羽戸山緑地

 

f:id:shijyo:20191205174148j:image

 

先ほどの「マック」から徒歩です。

この旅は歩きすぎました。総勢40Kmくらい歩いたような気がします。

 

f:id:shijyo:20191206005835j:image

一期op「DREAM SOLISTER

Bメロの「…僕たちは待っている

からサビにかけて転調する箇所。

 

アソコ好きなんですよね。ホントに雨が上がって晴れ間が差し込んでくるような感じ。

f:id:shijyo:20191206005858j:image

久美子ダイブ・トゥ・ブルー。

f:id:shijyo:20191206005918j:image

なんかアングルがシビアで、ジャンプしながら撮りました。

 

ジャンプ前

f:id:shijyo:20191206222847j:image

ジャンプ後

f:id:shijyo:20191206005940j:image

f:id:shijyo:20191206222911j:image

f:id:shijyo:20191206010151j:image
f:id:shijyo:20191206222940j:image

アハハあはは。まるで上手く撮れませんでした。

住宅地ですので、あまり騒がないように私。

 

 

 

三室戸駅踏切

 

f:id:shijyo:20191206010241j:image

二期op サウンドエスケープ

intr パパパッパパパッパッパパパパ!パパパッパパッパパッパ

トゥルーン!!(ピアノ/グリス)」

f:id:shijyo:20191206010258j:image

f:id:shijyo:20191205174750j:image

……私が巡礼に訪れた時に限ってなぜ交通量調査が始まってるんですか。やめてくださいそういうのは。

 

 

f:id:shijyo:20191206010349j:image

f:id:shijyo:20191205174824j:image

室戸駅改札前。

 

 

 

 三室戸 水管橋

厳密にいえば水管橋周辺が聖地です。

f:id:shijyo:20191205174933j:image

三室戸といえば、あすか先輩のご実家。

ユーフォ担ぎながらサンダルで来れるあたり、この河原沿いの住宅地のどこかにあすか先輩のお家があるんでしょう

f:id:shijyo:20191205175028j:image

とか、書いてる途中でop画像確認してみても、

f:id:shijyo:20191206010258j:image

やっぱりあすか先輩ですよね。学校帰りの。という事はやっぱり方角的にもそんな感じじゃないですか。

詳しい描写はされてませんでしたけど、あすか先輩のお家はあすかママの実家なんじゃないかなぁとか思います。離婚されて実家に戻られたのでしょう。

f:id:shijyo:20191206010719j:image

うちにも、あります。この何って言うんでしょうね。先祖代々の遺影。

核家族ではなく、爺ちゃん婆ちゃんも同居してる田舎の家こんな感じですよね、ザックリし過ぎですが。築100年とかそれぐらいの。

とか書いてますけど、おじいちゃんもおばあちゃんも同居している気配は見受けられませんでしたけど。……

f:id:shijyo:20191206011049j:image
f:id:shijyo:20191206011051j:image

こんな立派な庭と塀は無いですけど、割と実家の雰囲気こんな感じです。かなり親近感を覚えます。補足をしますとうちの実家も一応京都にあります。なんの補足だよ。

無駄に敷地と家がだだっ広いのです。
f:id:shijyo:20191206011045j:image

マンション暮らしの久美子からしたら、こんな顔にもなります。

 

f:id:shijyo:20191206011557j:image

畳の部屋とかにワタシは妙なリアリティを感じます。実際何処かでロケがあったんじゃないかと思わすレベルで。我が家の間取りもこんな感じですし。

 

 まぁ話が戻って飛びますが、あすか先輩はチャリ通学という話。

f:id:shijyo:20191205175047p:image

莵道高校=北宇治とするならばチャリで十分、十五分くらいでしょうかね。

しかし、莵道高校までの坂道はチャリでいくとなるとかなりハードだとは思うのですが。トライアスロンかと思うくらいの勾配が頂上まで続いてますからね。実際生徒さんたちどうしてんのかなぁ…

結論としてあすか先輩の脚力は凄いということで

 

 

 

f:id:shijyo:20191206134505j:image

f:id:shijyo:20191205175143j:image

f:id:shijyo:20191206134416j:image
f:id:shijyo:20191205175139j:image

夏場は久美子曰「トビケラがヤバい」らしいのですが、秋口でしたので。

 

f:id:shijyo:20191205175220j:image

 

f:id:shijyo:20191206134549j:image

f:id:shijyo:20191205175444j:image

 

 

 

 

f:id:shijyo:20191206134843j:image
f:id:shijyo:20191205175608p:image

f:id:shijyo:20191206134919j:image
f:id:shijyo:20191205175557j:image

f:id:shijyo:20191206135356j:image
f:id:shijyo:20191205175604j:image

リアタイで観ていた頃は「くみ×れい」ばっか言ってたんですが、

くみ&あすかこそ至高だと思うようになりました。

チャゲ&アスカみたいにいうな。

くみ×まみも同じく素晴らしいと思うのですが、

 

姉妹というものになにか神聖な、あるいは愛しさを訳もなく感じます。

というよりも兄弟愛みたいなものにもしかしたら弱いのかも。

ワタシがおねいちゃん子として育ったのも原因かもしれません。

別にくみ&あすかは姉妹というわけではありませんが、

あすか先輩の前では妹みたいになる久美子を見て、

もうワタシは二期は久美子を妹、あすか先輩をおねいちゃんだと思ってました。あはは。いつから君は錯覚していた?

ahahahahahahaaahahaha…失礼いたしました。

 

f:id:shijyo:20191206135149j:imagef:id:shijyo:20191205175657j:image

f:id:shijyo:20191206135033j:image
f:id:shijyo:20191205175706j:image 

f:id:shijyo:20191206140945j:image

f:id:shijyo:20191206140021j:image

 

f:id:shijyo:20191206141521j:image

♫チャンスのか‥‥

み‥‥さ。

f:id:shijyo:20191205180018j:image

f:id:shijyo:20191206141850j:image

 

誰が刈っておいてください。

 

 

京阪宇治駅構内

 

 

f:id:shijyo:20191206170718j:image

終点京阪宇治駅

その駅構内で立ち尽くすワタシがいました。

f:id:shijyo:20191206174803j:image

忘我でっす。

幸せの定義を解放だとするならば、今ワタシは幸せを感じたのでした。

気が付くと一時間くらい構内で忘我していたのでした。

f:id:shijyo:20191206174732j:image

アニオタの友人に「明日久美子に会いに行ってくる

と言っていたのを思い出しました。

そして後日、「逢えた?」と訊かれて、「逢えた」とワタシは答えたのでした。あははは。

そんなものです。聖地巡礼って。哲学ですよ。この目に映るセカイというのは自分自身だと思います。

セカイの中に自分がいるのではなく自分の中にセカイがあるのだと思います(意味不明)

 

 

 

中書島


f:id:shijyo:20191206171713j:image

f:id:shijyo:20191206171658j:image

f:id:shijyo:20191206171703p:image

f:id:shijyo:20191206171708p:image



宇治行(終点)

f:id:shijyo:20191206174625j:image


f:id:shijyo:20191206171835j:image

f:id:shijyo:20191206171845j:image

f:id:shijyo:20191206171858j:image

f:id:shijyo:20191206171838j:image

f:id:shijyo:20191206171841j:image

f:id:shijyo:20191206171850j:image

f:id:shijyo:20191206171900j:image

f:id:shijyo:20191206171853j:image

f:id:shijyo:20191206171831j:image

f:id:shijyo:20191206171829j:image

 

ま〜たテッチャンの真似事したりして〜。

 

 

 

ここからクダリがスキ。

久美子のこういう所がスキ。シュキ。

f:id:shijyo:20191206174411j:image

f:id:shijyo:20191206172005j:image

 

 

f:id:shijyo:20191206174541j:image

f:id:shijyo:20191206172105j:image

f:id:shijyo:20191206175318j:image

f:id:shijyo:20191206175739j:image

f:id:shijyo:20191206174915j:image
f:id:shijyo:20191206172108j:image

 

f:id:shijyo:20191206175141j:image

f:id:shijyo:20191206175237j:image
f:id:shijyo:20191206175144j:image

 

「誓い」放映当時は「ツカモトは許さん」とか言ってましたけど。

いや、でも結構イイヤツじゃないですかね、ツカモト。

と、いいつつもやっぱりツカモトは許さんけどな。

 

f:id:shijyo:20191206180306j:imagef:id:shijyo:20191206172221j:image

f:id:shijyo:20191206180626j:image

f:id:shijyo:20191206180750j:image
f:id:shijyo:20191206172255j:image

f:id:shijyo:20191206180844j:image
f:id:shijyo:20191206172258j:image


f:id:shijyo:20191206181111j:image
f:id:shijyo:20191206181652j:image

f:id:shijyo:20191206181226j:image

f:id:shijyo:20191206181323j:image

 

f:id:shijyo:20191206172348j:image

 

 

 

サイゼリア宇治里尻店 昼

 f:id:shijyo:20191206172524j:image

昼。あはははあはは。昼。あははは。

さて、皆さんお馴染みサイゼリア・里尻店

誓い」放映された当初はお客さんが爆発したそうですね。

2019 4,5,6月くらい。

 メロンソーダが売切れたり、カルボナーラが``。

さすがにもうその波止んだみたいですけどね。

f:id:shijyo:20191206172635j:image

 

入店。

 

入り口付近の席に通され、とりあえずドリンクバー。

f:id:shijyo:20191206172823j:image

…………

 

 

 

 

 

 

 

……………

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shijyo:20191207140820j:image

 

 

f:id:shijyo:20191206172930j:image

「この席なんだよぉ!!この席じゃないとダメなんだよぉ!!

 

………

すいませ~ん。奥の席へ移らせてもらっていいですか~

とか咄嗟に言ってしまったワタシ。聖地巡礼の熱。

 

‥そう言えば、こんな事ワタシが言っても眉ひとつ動いてませんでした。

なんかもう4月から日常茶飯事すぎるコミュニケーションだったんじゃ無いかと思います。

f:id:shijyo:20191206173003j:image

f:id:shijyo:20191206173029j:image

念のため、

入り口から見て、左最奥の席が、奏×久美子vip席となっております。

 

f:id:shijyo:20191206173859p:image
f:id:shijyo:20191206173903j:image

 

f:id:shijyo:20191206173124j:image
f:id:shijyo:20191206173118j:image
f:id:shijyo:20191206173121j:image
f:id:shijyo:20191206173127j:image

f:id:shijyo:20191206174053j:image

 

 

そして、次の旅がはじまるのです。


響け!ユーフォニアム 聖地巡礼の旅 Ⅲ.Ⅴ

 

に続く→今だから響け!ユーフォニアム 聖地巡礼の旅Ⅲ.Ⅴ 【久美子と宇治を巡ろう/大吉山GO!GO!】 - 至上終末旅行〜your life is your own