至上終末旅行〜your life is your own

your life is your life own.人生と戦う全てのオタクに捧ぐブログです。内容は専ら2次元です。たまに旅に出ます。

漫画家つくみず展in 大阪

 

 

06/17(Wed)

大阪 天王寺駅から徒歩数分。あべのHoop/3Fにて

漫画家つくみず展in大阪が開催されていました(2020/06/12~06/21)

f:id:shijyo:20200625190334j:image

 

f:id:shijyo:20200625190348j:image

別件であべのHoopへは来ていたんですが、

上階へ上る途中こんな景色が飛び込んできたのではありませんか!!

 

1,2もなく堪能させていただきました。

ブログタイトルにも借用(パロ)させていただいていますし、少女終末旅行愛してますし。

 

f:id:shijyo:20200625190527j:image
f:id:shijyo:20200625190531j:image
f:id:shijyo:20200625190522j:image
f:id:shijyo:20200625190519j:image
f:id:shijyo:20200625190515j:image

いやぁ…いい。

アーティスティック。

 

 

 

 

 

つくみず先生への100の質問

先生の回答が秀逸。ふふっ。

……狙ってますか?先生

 

 

 

f:id:shijyo:20200625205626j:image

f:id:shijyo:20200625191016j:image

f:id:shijyo:20200625191055j:image

f:id:shijyo:20200625205559j:image

f:id:shijyo:20200625205406j:image

f:id:shijyo:20200625191408j:image


f:id:shijyo:20200625191541j:image

f:id:shijyo:20200625191808j:image
f:id:shijyo:20200625191805j:image
f:id:shijyo:20200625191801j:image

f:id:shijyo:20200625191924j:image
f:id:shijyo:20200625205338j:image
f:id:shijyo:20200625191928j:image

 

 

 

 

 

2020年春アニメ総括

 

 

 どうも、Shijyoです。

「ふ、冬が豊作だっただけなんだからね!!

べ、別に春が不作だなんて言ってないんだからね!!」

 

もくじ

 

2020年春アニメ

放課後ていぼう日誌

f:id:shijyo:20200623155028j:image

 

キービジュアルを観た段階で、上手く調理すればこのアニメは確実に味が出ることは確信していました→結果、想像を超えてきた

 

 

3話までしか放送されませんでしたが、間違いなく神でしたね。極上の癒し。

のんのんびよりごちうさきんモザと既に同列に位置しています。私の中では。

 

癒しの一方で、

野郎のノリを、女子でやるというんでしょうか。

素晴らしい化学反応が起こるもんですね。

ばくおん!の時にも少し感じだことなのですが。

 

かといって私は球詠は断固として認めませんが。短パンで野球やるとか論外。

 

アングラーズが近所にオープンしたこともあり、これはもう啓示だろうという事で

近所の堤防へ釣りに行く算段を付けているところです(田舎感)

 

 

 

波よ聞いてくれ

無限の住人から先に観ていたもので、原作者が同じと知った日には、

「ほえー」とか言っちゃいました。

斬ってレイプするだけの漫画家かと勘違いしてました。すみませんでした。

 

 

 

 

本好きの下克上

 

マイン転生から、神殿の巫女見習い編まで、こんなに安定して間違えずに来れた。すげい、このアニメはすげい。地味だけど。

 

今の世の中派手さと目新しさと展開の目まぐるしさを求めるあまり、こうして丁寧に人情を描く事を忘れてしまったのではなかろうか。

ルッツ家騒動から、和解のシーンとか気づけば涙が零れてました。

 

 

あと神殿長のかっこよさの75%は速水さんが担ってます。

これは女性ファンも余裕で楽しめますね。なんかもうマインになりたいとさえ思っちゃう。きゅん。

 

ちなみに男性ファンにつきましては、マイン(井口さん)、トゥーリ(中島さん)が天使なのでご安心ください。

 

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

完全にショタに目覚めさせられました。キース(幼年期)に。

開発されちゃいました。

そんなもんで子供→青年に変わった途端切っちゃいましたけど、

切ったことをとある友人に報告すると激高されてしました。

「こんなに面白いアニメを切るなんて信じられない」とかなんとか。

二期も決まったそうで。

世間とはズレてるのかもしれませんね私の感性。

 

 

 

 

再放送枠

 

 

  

 

 ケンガンアシュラ

 

地上波では初放映枠。

 

引きこもりの息子と父というこの最強のカードを出したままにしておいて、いつ使うんだまさかこのままにしておくつもりかおまえら、と冬の時点で憤慨していたのですが、

まさかそんな訳もなく最終話のタイトルが「親父」ですよみなさん。

おみそれいたしました。

 

 

 

あとがき

 アニメ業界にまでコロナ禍が及ぶとは…

しかし懸念していた放課後ていぼう日誌も七月から無事放映してくれるようで、安心しました。

 

しかし、コロナ禍は関係なく、今期は不作の感が否めませんでした。

こんなことを描いていると決まって次の季節は豊作になったりしますので夏アニメが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

「Everywhere You Look」和訳してみた

 

 

Everywhere You Look 和訳

 

歌:Jesse Frederick 作詞・作曲Jesse Frederick・Jelf Franklin・Bennett Szalvay

 

Whatever happened to predictability. The miikman,  the paperboy, evening TV?

    繰り返される日常。     牛乳配達  新聞配達 夜のテレビ番組?       

How did I get to living here?  Somebody tell me please!

 なぜ俺はここに生まれてきたんだ? 誰か頼むから教えてくれよ。

This old world`s confusing me.

 この古びた世界が俺を狂わせてる。

*1 With clouds as mean as you`ve ever seen  Ain`t a bird who knows your tune.

   雲は暗く寒々として          鳥はそっけなく歌う

Then a little voice inside you Whispers, kid don`t sell your dreams, so soon

 その時心の底で小さな声が囁く 少年よそんなに早く夢を捨て去ってはいけないよ

Everywhere you look, every where you go There`s a heart, a hand to hold onto.

君の見渡す全てに  君の辿り着くすべてに ハートがあって、暖かな手に包まれる

Everywhere you look, every where you go There`s a face of somebody who need you

君の見渡す全てに  君の辿り着くすべてに 君を待っている誰かの顔がある

Everywhere you look

君の見渡す全てに

When you`re lost out there and you`re all alone, *2 A light is waiting to caryy you home.

君が道を失い、ひとりぼっちになってしまった時、帰る場所に導く光が待っている

Everywhere you look. Everywhere you look.

君が見渡す全てに  君が見渡す全てに

 

 

 

 脚注

*1  Bメロ、with cloudsからの一連の歌詞は、解釈が難しいと思います。

 

普通に訳せば、「雲は君が今まで見てきたような雲しかなく、鳥は君の曲を知らない」というような訳になるかと思いますが、

ここでは発展させて少年の心象風景として捉え、雲は暗く寒々と見え、きれいな鳴き声の鳥でさえ、少年には外れた音色に聞こえるという風に訳してみました。(公式訳参考)

 

また、君は同じ雲(空)しか見上げていないし、鳥(外の世界の人々)だってまだ君の歌を聴いたことが無いじゃあないか。少年よそんなに早く夢を捨てちゃあいけないよ、という励ましの言葉にも解釈できます。

 

Bメロからエンディングにかけては少年を諭す言葉といった感じでしょう。

 

 

 

 

*2 ここでのHomeは自宅、家庭、実家という意味よりも、どこか安心できる場所、自分の居場所(還るべき場所)という意味で使われているんじゃないかと私は感じました。

 

 

 

 

 

 

 

今年の全日本吹奏楽コンクールについて

 

 

開催されるか否か、確認するという作業から逃げていたのですが、

一般社団法人 全日本吹奏楽連盟

f:id:shijyo:20200623151733j:image

お知らせ | 朝日新聞社インフォメーション

現実はいつだって否応なしに、浴びせられました。

 

頭に浮かんだのは母校の吹部の子たちの姿でした。

母校の定期演奏会を観に行った感想とレポート - 至上終末旅行〜your life is your own

 

二月に定期演奏会で私が見たあの子たちの姿が幻のように思えます。

三年生が引退し、新体制になった後も揺るがずに、コンクールに向けての意気込みと

それ以上に、純粋に音楽に向き合い「音を楽しむ」ひたむきさをあの瞬間に感じたのです。

 

 コンクールが全てではないでしょう。

しかし、ほとんどの高校ではコンクールに向けて努力と調整を重ね今まで頑張ってきたというのが現実だと思います。

今までのその努力が水泡に帰すのではないかという問い……

 

私にはその問題、問いに対する答えを持ちうることはできませんし、とても答えを出せそうにありません。

また、高校生たちにかける言葉も見つかりません。

 

OBとしては、吹部の子達よりも、

高校球児たちの気持ちの方が我が事として感じられるのですが、

中止を聴かされた時に彼らが零した涙。それが全てを物語っているように見えました。

 

そして、急遽代替案として出された交流試合、

それに衒いなく感謝しますと言い切った子たちがニュースに映っていましたが、私はその子束にさえも胸が張り裂ける思いでした。

 

部員たちはどう自分たちの感情に答えを出すのか…

 

吹部の子達にも、何か練習の成果を発表する場を与えてあげられないか、そう思います。

何か一つの目標すらなければ、モチベーションは保てないと思うのです。

えらそーな事を書きました。すみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

色々書きましたけど、私の悲しみなど当事者たちに比べばミジンコのようなものなので、高校生たちの音が再び聴ける日が来ることを信じて、明日からもおやすみでおはようしていきます。

 

 

 

 

響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ【何度目かの感想文】+【リズと青い鳥 感想文】

 

 

 

もう一度劇場で観れるなんて微塵も考えていなかったので、僥倖でした。

 

コロナの影響で、新作映画が軒並み延期となっており、過去作を上映している映画館が増えている様に思います。

MOVIX京都では、京アニ特集上映を行っているようで

 

先週はユーフォ、今週もユーフォ、そしてFREE

まぁFREEは……。

で、ユーフォを選んだ訳なのですが、

f:id:shijyo:20200621084623j:image

割安料金でした。ありがとうMOVIX京都。

一日二本。リズ→誓いという幸せリレー。


f:id:shijyo:20200621084650j:image

 

ソーシャルディスタンスが保たれた座席管理になっており、

四席に一人座れる間隔になるように三席分はテープ巻きにされて固定されていました。

 

自粛で引きこもりすぎて、媒体を通した情報しか摂取していなかったのですが、いざ現実でそういう光景を目にすると「あー」とか思います。

このままこの世界から戻ってこられないのではないかと。

 悲しみで浸されたのも束の間、立て続けに今一番見たかった映画を観られて幸せな休日となりました。単純です。

 

 

映画本編の感想も書きます。

 

 

響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ(三度目の鑑賞)

 

久しぶりに久美子を観ました。可愛すぎて悶えました。

 

縣祭りがちょうど「梅雨」な時期という事に鑑賞三度目でようやく気が付きました。

オーデイションのシーンも急に雨降ってきた…訳じゃなかったんですね。

演出としての雨かと思ってました。いや演出は演出なんでしょうけど。

同じ季節に作品を観るのって良いものですね。

AIRは夏に観ろ!!」とか言ってる人がいるのはなんか分かります。

 

久美子の私服はダサ可愛くて良いです。

 

麗奈……美少女しか切れないような服ですねぇ…

大吉山来るまでに間違いなくナンパされてますね。

 

 

ふと、舞台挨拶で安済さんが同じ服を着てこられたのを思い出して、今更ながら泣けてきました。

 

 

それから麗奈のエロさの八割は安済さんの成分だと思うんです。えぇ。

黒沢さんも舞台挨拶の時、同じニュアンスで仰ってた記憶があります。

 

 

映画二回目以降の鑑賞はストーリーを知っているが故に、伏線や今まで解らなかった登場人物の言動が理解できるという事があります。

しかし…それを鑑みても……なんですよ「誓い」は。

映像としてのクオリティが異次元。ホント瞬きすらさせてくれない。

例えば練習の時に顎を押さえている可部ちゃん先輩とか。

 

「良書は二度読め」とはショーペンハウエルの言葉ですが、

「良作は二度見ろ」と言いたい。(誰に?)

 

しかし、

詰め込みすぎの節があるのではないかと三度目の鑑賞で思ってしまいました。

リズの方がまとまっていると思います。

のぞ⇔みぞ、二人の想い、終始その枠組みの中で観られる。

 

しかしですよ、久美子というフィルターで繰り広げられる新入生たちの青春という風にとらえた場合、

何ら今までのユーフォと変わりない、新しいユーフォだと捉えることも出来ます。

そして一番、私が感じたものは石原監督の久美子への愛です。

 

久美子が部長に就任した後は、新キャラクターも登場することになるとは思うのですが

今までと変わりなく、久美子という物語を描き切ってほしいと願うばかりです。

 

 

 

リズと青い鳥(二度目の鑑賞)

池田晶子さんのキャラデザに慣れ切っていた所にこの映像を魅せられたので、初回は映像酔いの如き症状が押し寄せて、慣れるまでしばらくかかったのですが、

今回はもう覚悟の下に鑑賞した甲斐もあり、ごくごく冷静に映画と向き合うことが出来ました。首長いとかもう僕言わない。

 

西屋さんのキャラデザも当たり前のように最高ですぅ(剣崎りりかちゃん風)

 

あと困ったように微笑むみぞれ先輩を見ていると、

もうあの映像だけで、無形文化遺産に登録しなきゃって思うんですぅ。

 

初めて観た時は、希美がNOZOMIで

「こんなのウチが知ってる希美じゃあない!!うわーーーーーーーんNOZOMI怖いよー」とか言って映画館から脱兎のごとく駆けだしたのですが、

二回目見てみると、いやこれはやっぱり希美だなぁと。希美は希美でした。

希美を掘り下げていった結果見えた、等身大の希美が本作の希美ではないかと。

リズで希美が嫌いになったというファンも存在すると思うのですが、人間あんなもんだと思いますよ。

同世代の友人というものはまたライバルでもあり、嫉妬や焦燥の原因となったりします。

ああいう映画のラストで、初回は煮え切らない思いを感じたのですが、そこは武田さんのリアリズムというか。誓いでもそれはそうなのですが。

しかし、2人の感情に決着-ケリはついた、そして答えは出た

感情に答えを出すという〆方はリズと誓いで共通するものではないでしょうか。

ただしリズの場合二人の感情は平行線のまま交わったわけなのですが。

答えを出しても、それを受け止めるには覚悟が必要なわけで。

本番までに希美はその覚悟を決めて演奏に臨めたか、それは誓いで保管されているように思えました。リズの物語はあそこで閉じられた以上、誓いの関西大会の映像から感じるよりはありませんが。

 

 

 

 

 

最後にリズ、誓いを通して観た感想ですが、

アニメ(を含めた創作物)の与える最大の力は、世界の見え方を変えてくれる力だと思います。

死にたい人も、幸せの絶頂の人も、

同じ世界を見ながら、その景色が違う故に二分されてしまう。

京アニ作品は総じて そういう風に思わせてくれるクオリティ(一言で称したくはないですが)であるからこそ、ファンの多さであり信者というか、心のよりどころにしている人がいるほどの作品足り得ているのだろうと、私は結論付けています。

 

映画館を出た後世界が輝いて見える、あの景色をこの日も味わいながら。

 

 

 

 

夜は短し歩けよ乙女

 

アニメ映画を見ました。

夜は短し歩けよ乙女」2017年公開。

f:id:shijyo:20200619164654j:image

 

視聴に至った理由は、私の愛読するブログやその他さまざまな所で、絶賛の嵐だったもので(森見作品全般)。

数年前にこのタイトルがかなり話題になっていたのを思い出したもので(理由は不明)。

たまたま地上波で放送されていたところを観てみたという訳。

 

森見作品の事を、ある人は万人に読みやすく、ある人は万人にウケやすいと論じられていました。

一度も引っかかることなく、さらさらと川の流れるように視聴できたという点ではまさにその通りでした。

 

私が一番感心した点は、私が今まで見たどの作風、ジャンルにも属さないという点でした。

これは私がラノベ、漫画、並びにそれを原作としたアニメばかり嗜んでいるという事が理由なのでしょうけど。つまり小説はほとんど読まない人間という訳です。

 

しかし、それをふまえても、これだけの才能を持った小説家がそうやすやすと存在するとはとても私には思えません。

森見登美彦》仮想世界が完全に構築されていて、そこから繰り広げられる徹底されたエンターテインメント。

私ならそうキャッチコピーを付けます。え?0点?

 

エンターテインメントの一つは、無駄がないこと。

 

余計なくだりは見せない。七並べのように、必要な情報だけ提示し、あとは必要なタイミングまで伏せておく。そしてタイミングが来たら一気に開く。

面白さを展開するという事においては『説明』は不要なのですね。

この作品から創作における重要なことを学べた気がします。

 

いやはや才能でぶん殴られるとはこの事ですか…

 

舞台が京都という点も私は大いに評価したいです。

 

  

それからパンツのミュージカルが素晴らしかったので、中の人を確認すると「秋山じゃねえか。」いやぁいいですね。脱帽。

それより驚いたのは、先輩の声どこで聴いたのだろうと冒頭から思い続けてきてエンドロールで「星野源じゃねえか」。

歌手、俳優、声優。グランドスラムを果たした星野源恐ろしい子

 

 

最後にまとめると、間違いなくアニメ映画としては完成された作品です。

森見ファンでなくとも原作を読まずとも、何も知らなくてもこれ一本、ポンッと出して友達と夜な夜な上映会を開いて楽しめる、

そんな素晴らしい作品でした。

 

Journey of Sound! EuphoniumⅣ 2020/04/07

 

 

 

 

蹴上インクライン

放課後さいころ倶楽部 聖地巡礼の方に書きましたので、よろしければそちらも覗いてみてください。

https://shijyojourney.hatenablog.jp/entry/After_school_Dice_Club%25E2%2585%25A1

 

f:id:shijyo:20200510182821p:image
f:id:shijyo:20200510182750j:image

 

京アニ第一スタジオ

 

 

 

f:id:shijyo:20200510183421j:image

あの日からワタシはいったい何度この民家の合間から覗いてきたのか。

今やある種見慣れた景色となり、忘れることはないであろう景色になっています。

 

2019/09/25撮影

f:id:shijyo:20200511105851j:image

f:id:shijyo:20200511105926j:image

f:id:shijyo:20200511110013j:image

 

2020/01/18撮影

f:id:shijyo:20200511110230j:image
f:id:shijyo:20200511110225j:image
f:id:shijyo:20200511110222j:image

 

2020/04/07撮影

f:id:shijyo:20200510183537j:image
f:id:shijyo:20200510183546j:image
f:id:shijyo:20200510183534j:image
f:id:shijyo:20200510183524j:image

跡形もなくなってしまった…ブログ書いていて辛い…。

 

 ふと考えると、事件からもうすぐ一年経とうとしているのですね。

ここはもう京アニ第一スタジオではなく跡地になるのでしょうか。

 

思考を巡らせていると闇ループの中に取り残されそうになったため、急いで立ち去る。

 

京阪六地蔵駅

 

f:id:shijyo:20200510184129j:imagef:id:shijyo:20200510183704j:image

f:id:shijyo:20200510184101j:image
f:id:shijyo:20200510183649j:image

京アニは桜がスキだなぁ。ふふっ。

あんなに桜が出てくる作品はないでしょう。「青春」が多いからなのでしょうが。

 

それにしても京アニ「桜」がワタシはたまらなく好きなんだよなぁ…

f:id:shijyo:20200510184256j:image

葉「頼むよサファイアちゃん~」

緑「みどりですぅ~」

ボタン押さないと信号永久ほど変わんないから。

ぼーっと突っ立ってたら睨みながら横の女が横断歩道信号機推しに来たよ。

 

 

 

写真に見えるのは京アニショップ広告ですが、

f:id:shijyo:20200510184405j:image
f:id:shijyo:20200510184400j:image

はづ×みどverもあったんですね…

 

 

  

 

 

木幡駅

 

f:id:shijyo:20200510184437j:image

 

散々、宇治は来てるはずなのにまだ新しい発見が残っているものかと嬉しくなる。

そういえば木幡で降りた事ってなかったっけか。

f:id:shijyo:20200510184458j:image

 

 

 

Kyoani&DoShop!

 

 と、いうことでやって来ました。なにが、ということでだ。

 

f:id:shijyo:20200510185425j:image

 

 

 

営業再開は、早くて今夏ということですが、最近の私のスタンスとしては期待せずに待つなので。えぇ、泣いてませんったら。

 

京アニ本社

 

 

バイクで通り様に写真とりながら走り去っていったニキがいました。流れるような動作で……あれは笑ったなぁ…

f:id:shijyo:20200510185525j:image

 

私が前回来たときに掲示されていたポスターは永遠と自動手記人形だったことを思い出し、京都アニメーションの時間が進んでいることが実感来て一人…ではないかその場にいた先ほどのバイクニキとかたぶん遠くから遊びに来ていた風な高校生達と感動を分かち合っていました(脳内変換)

 

『六回目だよ!宇治でお祭りフェスティバル』

 

→どう考えても延期確実な事を考えると地獄でしたね。ふふっ。絶賛地獄中。ことごとく楽しみが消されてゆく……

 

  

 

 

 

 

中路ベーカリー

 

f:id:shijyo:20200510194655j:image

 

※定休日:火曜

 

 

…ちぃ覚えた。

 

 

 

東宇治中学校

 

f:id:shijyo:20200510194807j:image

葉月中学。(勝手に命名している)

正門脇の掲示板にて今日が入学式前日という事を知る。

結果、スパークしてしまったのでした(続く)

 

 

羽戸山緑地

f:id:shijyo:20200510195456j:imagef:id:shijyo:20200510195500j:image

京アニ作品の聖地巡礼に向かわせる、魔性の魅力。

繊細明細に描かれているという点と作品に自然に溶け込んでいるという点。

『誓い』を観た後ではなおさら思います。

 

   f:id:shijyo:20200511113905j:image

f:id:shijyo:20200510195623j:image

 

f:id:shijyo:20200511113951j:image
f:id:shijyo:20200510195610j:image

 

 

京都府立莵道高等学校

 

f:id:shijyo:20200511114533j:imagef:id:shijyo:20200510200910j:image
f:id:shijyo:20200510200904j:image

 

(続き)

※なぜ私はこんな状況の時に聖地巡礼なんかに来たのか、

桜が舞い散るシーンはこの時期にしか写真に収められない、ことを思い出しました。

 

 結果スパーク。

 

 

グラウンド前

f:id:shijyo:20200510203340j:image
f:id:shijyo:20200510203327j:image
f:id:shijyo:20200510203323j:image

f:id:shijyo:20200511114936j:image
f:id:shijyo:20200510203320j:image
f:id:shijyo:20200510203352j:image
f:id:shijyo:20200510203344j:image
f:id:shijyo:20200510203331j:image
f:id:shijyo:20200510203335j:image

f:id:shijyo:20200510203508j:image

 

莵道の森

f:id:shijyo:20200510204729p:image
f:id:shijyo:20200510204650p:image
f:id:shijyo:20200510204630p:image
f:id:shijyo:20200510204656p:image
f:id:shijyo:20200510204715p:image
f:id:shijyo:20200510204703p:image
f:id:shijyo:20200510204644p:image

f:id:shijyo:20200511115259j:image

f:id:shijyo:20200510205428j:image

 

 

2019/09/25撮影

 

2020/04/07撮影

f:id:shijyo:20200511115302j:image
f:id:shijyo:20200510204724j:image
f:id:shijyo:20200511115542j:image

f:id:shijyo:20200510205509j:image

 アニメで咲いてるのは藤でしょうか。

莵道の場合これも藤でしょうか。

無知の恥。

 

 

体育館裏

f:id:shijyo:20200511115731j:image

f:id:shijyo:20200510201337j:image
f:id:shijyo:20200510201334j:image

 

体育館~理科棟 渡り廊下・ベンチ

f:id:shijyo:20200511120134j:image
f:id:shijyo:20200510201341j:image

 

理科棟~芸術科棟 渡り廊下

f:id:shijyo:20200511193057j:image

f:id:shijyo:20200510201448j:image

 

芸術科棟
f:id:shijyo:20200511121630j:image

f:id:shijyo:20200510201529j:image

 

 ゴミ捨て場

f:id:shijyo:20200511121943j:image
f:id:shijyo:20200510205838j:image

 

 久美子の自主練所

 f:id:shijyo:20200511181809j:image
もう一度この場所に来られるとは微塵も思っていませんでした。

「久美子の定位置」を観られたこと収められたこと、紛れもない心の財産になりました。感謝。

 

 

f:id:shijyo:20200511193656j:imagef:id:shijyo:20200511181933j:imagef:id:shijyo:20200511193526j:image
f:id:shijyo:20200511181919j:image

f:id:shijyo:20200512103125j:image
f:id:shijyo:20200511181927j:image

そう言っておきながら実際『久美子の定位置』じゃないじゃんという冷たさが浮かぶ。

北宇治高校ではないですし。

しかし創造と現実を繋げるのは聖地でしかないわけですし。

そういう『馬鹿さ加減』は持っていて悪くないと思います。

 



 

 

校舎のどこかの廊下

 

f:id:shijyo:20200511182023j:image

 

 

昇降口



f:id:shijyo:20200511193808j:image

アングルは反対ですが…

 

 

 

エントランス

f:id:shijyo:20200511193938j:image

f:id:shijyo:20200511182209j:image

このショットは神じゃないですかね。

北宇治高校に感謝(違う

 

 

f:id:shijyo:20200512104052j:image
f:id:shijyo:20200511211604j:image


f:id:shijyo:20200511211543j:image

 

例のモニュメント


f:id:shijyo:20200511194048j:image

f:id:shijyo:20200511182352j:imagef:id:shijyo:20200512104926j:image

f:id:shijyo:20200511211911j:image

 


f:id:shijyo:20200511211906j:imagef:id:shijyo:20200511182304j:image

 

 

莵道高校案内図

f:id:shijyo:20200511213118p:image

 

 

橘橋


f:id:shijyo:20200511182519j:image

私にこんなサプライズを用意してくれているとは宇治…


f:id:shijyo:20200513103139j:image

久美子!?

 

宇治橋でうっすら音聴こえるなぁ…と思って歩いてきたらやっぱりユーフォの音色だったときの感動と言ったらもう…

 

幾度も足を運んでいるにも関わらずその光景(誰かが練習している)を目にすることは今まで一度もありませんでした。

 

 

f:id:shijyo:20200513122433p:image

 

片手でケータイ(譜面)を見ながら片手で演奏をする、器用なものです。

 

 

ユーフォの音色を聴きながら思いを馳せる、第一スタジオ、ユーフォイベント延期、事件、これから…

涙が止まらなくなってしまったじゃないですか。

 

 

……ところで、ほんとにユーフォの音色が好きになってきたんだなぁワタシ。

音色に優しさと切なさを感じてしまう。

ありがとう野生の久美子。

f:id:shijyo:20200511182558j:image

 

 

あじろぎの道

f:id:shijyo:20200511202428j:image

f:id:shijyo:20200511182642j:imagef:id:shijyo:20200511202345j:imagef:id:shijyo:20200511182747j:image

 

井川用水機場前

f:id:shijyo:20200511182918j:image

 

f:id:shijyo:20200511202517j:image
f:id:shijyo:20200511183011j:image

f:id:shijyo:20200511202608j:image
f:id:shijyo:20200511183036j:image

f:id:shijyo:20200511202841j:image
f:id:shijyo:20200511183057j:image

f:id:shijyo:20200511202754j:image
f:id:shijyo:20200511183053j:image

 

宇治市観光センター

 
f:id:shijyo:20200511183216j:image
f:id:shijyo:20200511183211j:image

誓いパネル新設。

 

舞台巡りMAP

 

観覧船小屋(掲載)

 


f:id:shijyo:20200511203607j:image

f:id:shijyo:20200511203739j:image
f:id:shijyo:20200511203744j:image

 

f:id:shijyo:20200511203834j:image
f:id:shijyo:20200511203838j:image
f:id:shijyo:20200511203828j:image
f:id:shijyo:20200511203824j:image

もう今は配布終了となったもの。

昨年の秋から今春にかけて新たに(new verかどうかは知らない)配布されたとかされてないとかいう話を聞いたのですが、いい加減私も欲しい。

ユーフォシリーズにおいては後悔の数が尋常ではないです。

 

 

朝霧橋東詰


f:id:shijyo:20200511211150j:imagef:id:shijyo:20200511204155j:image
f:id:shijyo:20200511204206j:image

 

 

宇治神社

f:id:shijyo:20200511211039j:image

f:id:shijyo:20200511204411j:image
f:id:shijyo:20200511204419j:image

f:id:shijyo:20200511211113j:image
f:id:shijyo:20200511204357j:image

 

京阪宇治駅

f:id:shijyo:20200511204512j:image

 

(宇治の)空の青さを知る者よ

 

あとがき

 

 闇に踏み入れる時、仄暗い悦びがある事は確かです。

二重に反省しなくてはいけない旅となりました。

 

次なる旅に光あらんことを祈って。誓ってこれをあとがきとします。